top of page

監視とは何ですか?

監視とは、通常、人々に影響を与え、管理し、指示し、または保護する目的で、人々の行動、活動、またはその他の変化する情報を監視することです。これは、ビデオカメラ、電話盗聴、インターネット監視、またはその他の電子的手段など、さまざまな手段を介して実行できます。監視は、法執行、国家安全保障、または財産の保護など、さまざまな目的に使用できます。監視のいくつかの形態は、特に監視されている個人の知識や同意なしに実行された場合、物議をかもしたり、倫理的な懸念を引き起こしたりする可能性があります.

監視活動を行うために私立探偵を雇うべきですか?

監視活動のために私立探偵を雇うことは、難しい決断になる可能性があります。一方では、監視は貴重な情報を提供し、個人や企業を潜在的な脅威から保護するのに役立ちます。一方、監視には費用がかかる可能性があり、倫理的な懸念が生じる可能性があります。監視のために私立探偵を雇うかどうかを判断するには、監視の理由と潜在的な利益とリスクを考慮することが重要です。

監視のために私立探偵を雇う最も一般的な理由の 1 つは、訴訟で証拠を収集することです。たとえば、個人が配偶者の不貞を疑っている場合、離婚または親権のケースで使用する証拠を収集するために、私立探偵を雇って監視を行うことがあります。このような場合、監視は法廷で使用できる貴重な情報を提供し、事件を証明するために必要になる場合があります。

監視のために私立探偵を雇うもう 1 つの一般的な理由は、潜在的な脅威から企業または個人を保護することです。たとえば、企業は、知的財産が保護され、従業員が違法または非倫理的な活動に従事していないことを確認するために、従業員または競合他社の監視を実施するために私立探偵を雇う場合があります。さらに、個人は私立探偵を雇って、潜在的なロマンチックなパートナーの安全を確保するために監視を行うことができます.

監視業務は、労災補償詐欺の調査にも使用できます。個人の活動と動きを観察することにより、捜査官は、その個人が傷害の主張を誇張または捏造していること、または、働くことができないという主張と矛盾する活動に従事しているという証拠を集めることができます。さらに、監視活動は、行方不明者に関する情報を収集したり、法的書類の送達を回避している人物を追跡したりするために使用できます。

ただし、監視に関連する潜在的なリスクと倫理的懸念を考慮することが重要です。監視には費用と時間がかかり、必ずしも望ましい結果が得られるとは限りません。さらに、監視は、監視されている個人の知識や同意なしに行われる場合は特に、倫理的な懸念を引き起こす可能性があります。

さらに、特定の州には、監視を実施する際に遵守する必要がある法律や規制があります。

結論として、監視活動のために私立探偵を雇うことは難しい決断になる可能性があります。監視の理由、潜在的な利益とリスク、および倫理的懸念を考慮することが重要です。潜在的な利益がリスクを上回る場合は、監視のために私立探偵を雇う価値があるかもしれません.ただし、監視が法的および倫理的な境界内で行われるようにすることが重要です。

以下は、浮気をしている配偶者を監視するために雇われた私立探偵の例です. 

私立探偵のジェーン・ドウは、夫のスミス氏が浮気をしていると疑った妻のスミス夫人に雇われました。彼女は彼の行動の変化に気づき、彼の所在と活動に疑いを抱くようになりました。彼女は真実を知りたいと思っており、彼に立ち向かうための具体的な証拠が必要でした.

経験豊富な私立探偵であるジェーン・ドウは、浮気の疑いのある配偶者を監視するには、徹底的かつ慎重な調査が必要であることを知っていました。彼女は、スミス氏の身元調査を行い、彼の日常生活に関する情報を収集し、彼が見た可能性のある場所や個人を特定することから始めました。

捜査が進むにつれ、ドウはスミス氏の不貞の確固たる証拠を集めることができました。彼女は、写真、ビデオ、音声録音など、彼が別の女性と会った複数の事例を記録することができました。 Doe は、スミス夫人に調査結果と収集された証拠の詳細なレポートを提供することができました。

スミス夫人はドウから提供された証拠を使って夫と対峙し、その結果、夫婦は理解に達し、将来について決定を下すことができました。

結論として、このケースは、浮気の疑いのある配偶者を監視する上で、私立探偵がどのように役立つかを示す例として役立ちます。私立探偵の専門知識と経験は、不貞を疑う個人に貴重な情報を提供し、彼らの関係について情報に基づいた決定を下すのに役立ちます.さらに、私立探偵は慎重かつ専門的な方法で調査を実施できるため、クライアントはパートナーに立ち向かう前に具体的な証拠を得ることができます.

以下は、不正な労災補償請求の監視を行うために雇われた私立探偵の例です. 

私立探偵のジョン・スミスは、保険会社 ABC 保険に雇われ、労働者の補償請求に関する監視を行っていました。クレームは、ブラウン氏という名前の従業員によって提出されました。彼は、仕事中に負傷し、働くことができなかったと述べました。従業員が長い週末の後に怪我を報告したため、保険会社は請求の有効性について疑っていました。

経験豊富な私立探偵であるジョン・スミスは、詐欺の疑いのある請求を監視するには、徹底的かつ慎重な調査が必要であることを知っていました。彼は、従業員の医療記録を見直し、負傷時に立ち会っていた目撃者にインタビューすることから始めました。彼はまた、ブラウン氏が安全プロトコルに従っているかどうかを判断するために、会社のポリシー、手順、および入手可能な場合はセキュリティ映像を確認しました。

捜査が進むにつれ、スミスは、ブラウン氏が負傷について真実を語っていなかったという証拠を集めることができました。彼は、スポーツをしたり、重い荷物を運んだり、別の仕事をしたりなど、報告された怪我とは一致しない活動にブラウン氏が従事している複数の事例を記録することができました。

スミスは彼の調査結果を保険会社に報告し、保険会社はその情報を使用して労働者の補償請求を拒否することができました.私立探偵の努力のおかげで、同社は潜在的に不正な請求の支払いを回避することができ、その金銭的利益を保護することができました.

結論として、この事件は、詐欺の疑いのある労災補償請求の監視を行う上で、私立探偵がどのように役立つかを示す例として役立ちます。私立探偵の専門知識と経験は、保険会社と雇用主に貴重な情報を提供し、保険金請求の有効性を判断し、金銭的利益を保護するのに役立ちます。さらに、調査により、従業員が適切な治療を受け、雇用主が将来の事故を防ぐために必要な措置を講じることができるようになります。

Have an ex-employee breaking their non-compete?

A non-compete agreement is a legal document that restricts an employee from engaging in certain activities after leaving a company. These agreements are commonly used to protect a company's trade secrets, confidential information, and customer base. However, enforcing non-compete agreements can be challenging, especially if the employee has violated the terms of the agreement.

In such cases, it may be necessary to hire a private investigator to gather evidence and build a strong case for enforcement. Here are some reasons why hiring a private investigator for non-compete agreements is a wise decision:

Expertise in investigation techniques

Private investigators are trained professionals who have expertise in various investigation techniques. They know how to conduct discreet and thorough investigations, gather evidence, and document their findings. They have access to resources such as databases, surveillance equipment, and other tools that can help them uncover valuable information that can be used in court.

Objectivity

Hiring a private investigator for a non-compete agreement case ensures that the investigation is conducted in an objective and unbiased manner. This is important because emotions can run high in such cases, and it's easy for the parties involved to lose sight of the facts. A private investigator can provide an objective perspective on the situation, which can help to prevent misunderstandings and disputes.

 

Protection of your company's reputation

When an employee violates a non-compete agreement, it can have serious consequences for your company's reputation. Clients may lose trust in your company, and competitors may take advantage of the situation. By hiring a private investigator, you can protect your company's reputation by ensuring that the investigation is conducted professionally and discreetly.

Cost-effective

Hiring a private investigator may seem like an expensive option, but it can be cost-effective in the long run. A private investigator can help you gather the evidence you need to build a strong case for enforcement, which can save you time and money in the long run. Moreover, if the non-compete agreement violation has caused your company financial damages, a private investigator can help you recover those damages through legal means.

Faster resolution

Non-compete agreement cases can drag on for months or even years, especially if the evidence is not strong enough to support enforcement. By hiring a private investigator, you can speed up the resolution process by gathering strong evidence that can be used in court. This can help you achieve a faster resolution to the case, which can save you time, money, and stress.

In conclusion, hiring a private investigator for non-compete agreement cases is a smart move. Private investigators have the expertise, objectivity, and resources needed to gather strong evidence and build a strong case for enforcement. They can protect your company's reputation, save you time and money, and help you achieve a faster resolution to the case.

Surveillance Rates
1 Investigator - $75.00/ Hour + Mileage (federal rate) + any additional case expenses.

1 Investigator - All-Inclusive Rate - $94.99/ Per Hour 
2 Investigators - $149.99/ Per Hour + Mileage (federal rate) + any additional case expenses.

2 Investigators - All-Inclusive Rate - $174.99/ Per Hour

Our standard hourly rate for surveillance is $75.00 per hour from portal to portal from our base of operations in Columbia Heights, MN. Mileage is billed at the federal rate of $0.65 per mile. Additional case expenses, such as comprehensive searches, running plates, entrance fees to venues dining expenses, etc... All will be itemized and billed to the client.

Report Time: We calculate report time based on 0.25 hours per full page of written narrative. Pages that include only screenshots, photos, or similar content are not counted toward this total. For example, two pages consisting of half screenshots and half narrative would be counted as one page for billing purposes.

Video Processing: Our standard billing rate for video processing services is $75.00 per hour. This rate includes requests such as adding time stamps or other specific video editing requests.

We believe that these rates are competitive and reflective of the high-quality services we provide. Please don't hesitate to reach out if you have any questions or require further clarification regarding our rates or billing procedures. We are committed to maintaining transparency and open communication throughout our collaboration.

bottom of page